不屈 橋本伊都支部版 維持法犠牲者国家賠償要求同盟 和歌山橋本伊都支部web
by itohasimoto

不屈 橋本伊都版

「不屈」 和歌山
橋本・伊都支部版


治安維持法犠牲者
国家賠償要求同盟
橋 本・伊 都 支 部


あなたのご訪問が
ようこそ、橋本伊都支部のブログへ
番目です

================

【私たちの運動】

ふたたび戦争と暗黒政治を繰り返さないために、治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を求める平和・人権・人道の国会請願などに取り組んでいます。

【リンク】

同盟和歌山HP
どうめい日誌
不屈和歌山県版
不屈和歌山東版
不屈和歌山北版
不屈海南海草版
不屈和歌山有田版
不屈和歌山日高版

和歌山平和委員会
和歌山革新懇
和歌山革新懇掲示板
九条・わかやま
九条・県民の会
海南海草9条会
紀南九条会
守ろう9条紀の川

にんげんをかえせ
自由法曹団
日本弁護士連合会
和歌山平和委員会

fight-web9条掲示板
戦争を語りつごう
時代を撃て多喜二
マガジン9条
九条の会
憲法改悪反対センター

雑賀光夫活動日誌
ごいっちゃん活動日誌
共産党海南海草議員団
共産党かつらぎ議員団
コラム「街角」
松坂ひできです!
田端範子活動日誌
真砂みよ子ハッスル日記
東芝弘明日々雑感
東芝弘明日々雑感2
雑賀光夫議会報告
奥村のり子ピョンピョン

頑張れ!高田よしかず

================
最新の記事
更新 8/2
at 2011-11-19 23:29
国会請願に4名が参加
at 2011-11-19 22:31
支部総会
at 2011-11-15 22:15
犠牲者慰霊祭 清水寺
at 2011-11-15 21:24
歴史の記憶に関する法
at 2011-11-01 22:39
無言館とちひろ美術館
at 2011-07-31 16:39
支部のうごき
at 2011-07-11 08:26
映画 弁護士布施辰治
at 2011-03-15 22:47
不屈中央№441目次
at 2011-03-15 20:57
運動を国民的運動へ
at 2011-03-15 20:56
閉塞感漂う時代
at 2011-03-15 20:55
2月 中央常任理事会
at 2011-03-15 20:54
近江谷副会長発言
at 2011-03-15 20:53
歴史の事実
at 2011-03-15 20:52
北から南 各地の活動
at 2011-03-15 20:51
同盟歌壇 碓田のぼる選
at 2011-03-15 20:51
群像 阪本一郎の受難
at 2011-03-15 20:50
上甲米太郎の顕彰碑
at 2011-03-15 20:49
時の焦点 3・15大弾圧
at 2011-03-15 20:48
全国で多彩に多喜二祭
at 2011-03-15 20:43
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
by itohasimoto | 2011-11-19 23:29 | ご案内

国会請願に4名が参加

国会請願に行ってきました
和歌山より4名が参加


 再び物言えぬ時代にならないようにとの、皆さんの思いのこもった署名を携えて、和歌山から4名(写真)が国会請願に行ってきました。
e0007762_22342119.gif

 今年は東日本大震災で、五月の国会請願が延期になり、春の選挙などで遅れていた署名を挽回しようと各支部が頑張り、昨年を上回る合計8242筆となりました。
 衆議院会館大会議室での全体集会では、全国から142人が参加し、会長の挨拶に続いて、犠牲者から「私の生きているうちに謝罪して」との訴えがありました。
 午後から各県の選出議員に紹介議員承諾の要請に廻り、和歌山選出九名の衆・参議員事務所を訪問しました。昨年改築され、新しく広くなった議員会館の岸本議員の事務所では、秘書の対応もやわらかく、私たちも昨年のお礼をいい、今年もぜひ紹介議員をよろしくとお願いしました。綺麗になった部屋もどうぞ見て下さいと案内して下さる一幕もありました。他の八名の事務所でも、議員は国会開催中でお会いできませんでしたが、秘書の方が丁寧に、でも一部義務的と感じられるところもある対応でした。
 持参した署名を分けてそれぞれ預けたのですが、受け取らない方が二名と、政府委員になったので紹介議員にはなれないからと一名から断られました。検討のうえ、返事は後日です。
 毎年の国会請願ですが、紹介議員をお願いするには、やはりもっと沢山署名を積み上げないと効果はないのではないかと思いました。
 また、集会には各政党に挨拶かメッセージをお願いしていましたが、前日に社民党から国会中で忙しく出席できないが、議員には訪問の件指示していますとの連絡があり、出席は日本共産党の井上哲士・宮本岳志の両議員で、激励のご挨拶がありました。

(事務局長 H ・ N子)


不屈 和歌山県版 №243 (1) 2011.11.15

[PR]
by itohasimoto | 2011-11-19 22:31 | 不屈県版から

支部総会

橋本・伊都支部支部総会

e0007762_22193220.gif 一〇月ニ八日、橋本・伊都支部の総会が開らかれました。古倉支部長は挨拶の中で、「今の情勢に比べると同盟はまだまだ力不足だ。自信をもって活動できるよう、学習活動を強化しよう」と呼びかけました。
 討議の中では、県下でいち早く署名目標を達成したことを確信に、来年早々同盟がイニシアチブをもって大衆的に学習会を成功させることを確認しました。
 総会で選出された支部役員は次のとおりです。
  支部長   古倉 伸二
  副支部長  九鬼 堅
  事務局長  佐々木 磐夫
  事務局次長 細川 豊三郎

不屈 和歌山県版 №243 2011.11.15 (2)

[PR]
by itohasimoto | 2011-11-15 22:15 | 不屈県版から

犠牲者慰霊祭 清水寺

e0007762_22274044.gif◆京都清水寺・大講堂・円通殿で10月23日、「治安維持法犠牲者慰霊祭」が行われた。堂内におごそかな演奏と読経が響き渡る下で進められた。これは、戦後六六年を経て初めての催しである。諸外国に比して、いまだ遅々として「弾圧犠牲者」への謝罪と、国家賠償を含めた名誉回復が進まない現状に一石を投じる催しである。◆恒例となっている国会への請願行動は、「大震災」などの事情により一一月九日になった。全国的に署名目標達成とその上積みが急がれる。この「署名」と「請願行動」を展開し、前進させる重要性は今さら論を待つまでもなく、国賠同盟の正面の課題である。◆とはいえ、いま治安維持法・犠牲者の物故者が増え、存命者が少なくなる下で、国賠同盟の存在意義が問われつつある。アジアに生きる日本に、かっての侵略戦争に反対した少なくない先人がいたことを顕彰し、その存在をわが国以外に明らかにすることは、国賠同盟の今日的な一つの運動方向を示唆しているのではなかろうか。◆各都道府県レペルでの取り組みを創意ある形態で広げることが必要ではないだろうか。

不屈 和歌山県版 №243 2011.11.15 (2)

[PR]
by itohasimoto | 2011-11-15 21:24 | 不屈県版から

歴史の記憶に関する法

嵐のなかでたたかいを前進させている
          スペインを再び訪ねて


「歴史の記憶に関する法律」の
その後と日本国憲法9条の碑を見る

                吉 田 好 一


治安維持法国賠同盟と共催で

 私は、本誌「治安維持法と現代」二〇〇八年秋季号に「反ファシズムの集大成 スペイン『歴史の記憶に関する法律」と題する文章を掲載させていただいた。そのなかで、「歴史の記憶に関する法律」(以下、「記憶法」と略)の内容や成立した経過について簡単に書いた(注参照)。
 この法律を知ったのは、国連拷問禁止委員であるスペインのマリーニョ・メネンデスさん(カルロスⅢ世大学教授)を通してであった。
 二〇〇七年五月、拷問禁止条約第一回日本政府報告書蜜査については、本誌二〇〇七年秋季号に、国際人権活動日本委員会など四団体の「意見」が、二〇〇八年秋季号には、拷問禁止委貝会の「結論と勧告」が掲載されている。改めて本誌編集部のご努力に敬意を表したい。
 本文は「記憶法」のだたかいが、その後どうなっているのか、二〇〇九年四月{国際人権活動日本委員会主催}と今年六月一一六日から七月三日まで、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟との共催によるツアーが企画され、二四名が参加した。その内容をお伝えしたい。

「記憶法」の専門家お二人と意見交流会

 六月―八日、マドリッドで、一一年前に訪問したときにお匪話になったメネンデスさんと、同僚で「記憶法」の専門家であるラファエル・エスクデロ教授のお二人と意見交流会(下の写真)が行われた。
e0007762_22415664.gif

 最初に私から「フランコの内戦・独裁時代における犠牲者の名誉回復のための『記憶法』は日本でも関心が高い。日本の歴代政府は侵略と植民地支配、国内外の弾圧を反省していない。こういう法律をぜひ日本でもつくりたい。東日本大震災での福島第一原発事故は放射能を世界に撒き散らしている。広島・長崎で被爆国となった日本が、いま加害国になっている。原発をなくし、スペインでも進んでいる自然子不ルギーによる発電についても学びたい」と発言しました
 メネンデス教授は「ふたたびお会いできて非常に嬉しい。国連の拷問禁止委員をしている。国運に訴えにきた布川事件が無罪を勝ち取った報告は大変うれしく感じている。三月の大震災にお見舞い申し上げる。スペインには八か所の原発があり、サパテロ社会党政権は閉める計画はないが、新しく作る計画もない。ここ数年太陽パネル、風力発電などが急激に伸びている。フランコによる犠牲者の骨を子孫に返す、先祖の名誉を回復するのは非常に難しい」と述べた。
 エスクデロ教授は「一九三六年以来フランコにより一四万四千人が合同墓地に葬られている。「記憶法」は政党ではなく市民団体で問題にし社会党が支持して出来た。国民党(右派)は『昔の傷を広げる』と反対している。次回の総選挙でサパテロ政権が負ければ『記憶法』がなくなるかもしれない。フランコ主義の思想は根強く残っている。特に警察や車隊の中に。フランコの墓も残っている。教科書に共和同政府のことが書かれていない」など、「記憶法」に基づくたたかいの前進が、逆流に抗して厳しいものになっていると話された。

ゲルニカ、グランカナリア島に分かれて

 代衣団は二九日よりAコース(一三名)、Bコース(九名)の二つに分かれた。
 Aコースはスペイン最古の大学の街サラマンカの「歴史の記憶法資料館」を見学。七月一日にはパブロ・ピカソの壁画で有名なゲルニカヘ。一九三七年四月二六日、フランコはヒトラーなどの力を借りて広島・長崎へっながるゲルニカヘの無差別爆撃を行った。ゲルニカ平和博物館(本誌[日本と世界の戦争博物館]参照)を見学し、空爆の被害者である八八歳のルイス・イリオンドさんの体験を聞いた。
 私は、1年前のツアーで、四月二六日にゲルニカに行き、追悼式典に参加した。フランコは「爆撃はアカがやった」と宣伝し、フランコが死ぬまでイリオンドさんもそう思っていたという。
 Bコースは、マドリッドから1000キロ離れたカナリア諸島のグランカナリア島を訪れた。グランカナリア島で二番目に大きい街、テルデ市を訪問し、市職員の案内で「ヒロシマ・ナガサキ広場」を訪れ、日本国憲法九条がスペイン語で書かれている碑を見学した。日本でもこうした碑はないのではないかと思う。この碑ができたいきさつは、テルデ市がNATO加盟と軍事基地設立に反対し「非核宣言」を行ったたたかいのときに、非核と平和を求める市民のあいだで日本の憲法が話題になり、一九九六年に広場(ヒロシマ・ナガサキ広場)と九条の碑が建設されたということだ。
e0007762_22423692.gif
 
日本国憲法9条の碑の前で


スペイン法律家たちと日本人との取組みが

 また、グランカナリア島では、ラスパルマス大学のカルメロ・ペレス教授(二年前にも『記憶法』に関ったメンバーということでお会いしている)のお世話で、平和・人権の活動をしているNGO八団体との意見交流会を持つことができた。
 ベレス教授は「カナリア諸島にも市民戦争時の三〇〇〇人の遺体が埋められている。『記憶法』の条文は不十分で、日本の憲法のような明確な規定がほしい。スペイン政府の対応も不ト分である」と語り、平和への権利国連宣言をつくるためにスペイン国際人権法協会(ベレスさんはこの協会の事務局長)が日本の学者・法律家とも協力していることを話された。「平和への権利宣言」は、日本国憲法九条だけでなく、憲法前文の平和的生存権を高く評価し、それを盛り込んだ国運宣言をするよう人権理事会への取り組みを行っている。
 ペレス教授から日本の書籍のカバー・をコピーしたチラシを渡された。「平和への権利を世界に」(かもがわ出版)笹本潤(弁護士、国際民主法律家協会事務岫長)・前田朗(国際人権活動日本委員会、東京造形大学教授)編著の本である。お二人ともジュネーブで活躍している。八月の人権理事会諮問委員会の前に、ジュネーブで「人民の平和に関する専門家協議会」を開催し、笹本さん、前田さんと塩川頼男さんが事務局を担当したということである。諮問委員会では、前田さんと笹本さんが、このテーマで発言した。
 また、今年の一二月には、「平和への権利を世界に」国連宜言の実施をめざす運動の一環として、スペイン国際人権法協会の会長、事務局長が来日する予定である。

「記憶法」は真実を探求するたたかい

 参加したNGOはフ牛和と人権カナリア諸島文化区域の会」「パレスチナ人社会のための女性の会」「難民援助のためのスペイン委員会」「歴史の記憶の会」「『私は女性』の会」など八団体九人で、それぞれの活動の紹介があった。最初に発言した「歴史の記憶の会」のイサベルさんは、「父親が市民戦争で処刑された。テルデの火山の火口に共産党員の遺体が放り込まれた。「記憶法」では遺体を掘り出す許可がでない。行方不明者のリストが不十分である。『歴史の記憶法』のたたかいは真実を探求するたたかいである」と非常に感動的な発言をした。カルメンさんは、父親が社会党・人民戦線に関与し、二〇年の実刑を受けた。自分もフランコ政権に迫害され、四○年前にカナリア諸島に逃げてきた。バスケスさんも弾圧された家族だ。叔父さんは迫害されフランスヘ亡命したが、フランスもナチスの占領下でドイツの捕虜となった。現在も帰国していない。バスケスさん自身は一九五七年に非合法下の共産党員になり、一九七〇年デンマークに亡命。フランコが死亡してからスペインに戻ることができた。
 続くNGOの方々の発言も「記憶法」にもとづくたたかいが、いかに困難なものかを語ってくれた。司法も保守的であると。しかし、「記憶法」は無駄、無効ではない、という力強い発言が最後にあった。

近代史の苦しみの中から

 『記憶法』に関する二度のツアーで感じたことはこの法律がスペインの近代史の苫しみの中から生まれたものであり、一般市民の力で誕生させるまでは難産だったと聞いている。野党国民党はもとより、この法律を成立させた社会党の中にも「過去の問題を掘り返さなくても」という意見があったりする。次の総選挙でサパテロ社会党政権が倒れればづ記憶法』もどうなるかわからないという心配も聞く。法律に不ト分な点があるとはいえ、治安維持法や横浜~件やレッドーパージなどの大弾圧や侵略と植民地支配について明確な反省も謝罪も補償もない日本にくらべれば『記憶法』を誕生させたスペインの社会は立派である。フランコ派の残党や右翼、保守勢力からはげしい攻撃を受けている中で、『記憶法』の精神をけハ体化し、前進させようとたたかっている学費、弁護士、NGOの活動家と交流できたことは非常に有意義であった。
 「日本でも『記憶法』を」という思いを強くし、これからも引き続き「記憶法」を学び、研究していきたい。

(よしだ こういち・国際人権活動日本委員会代表委員)

(注)

  歴史の記憶に関する法律

  スペインでは、一九三六年に選挙で成立した民主主義的な共和政府を打倒するために、ファシストのフランコ将軍が、ドイツのヒトラーやイタリアのムッソリーニの力を借りて反乱軍を蜂起させ、一九三九年に終結するまで内戦状態となり、以後一九七五年にフランコが死去するまでので六年間、独裁体制が続いた。この法律は、スペイン内戦や独裁体制の間に、政治的・思想的な理由により迫害された人に対し、その刑罰・人権侵害の不当性を宣言し、名誉回復をする権利を認め、犠牲者、遺族に年金・賠償金を国が支給。犠牲者の発見、遺体の発掘を国が支援するとしている。スペイン内戦に共和政府側の義勇兵として参加した外国人にもスペイン国籍取得の権利を認め、その場合、賠償などが適用される。独裁政権を賛美する公共の記念物の撤去、資料センター設置などを定めている。
e0007762_22432926.gif

絵手紙 (「不屈」和歌山版 2011年5月15日号より)


「治安維持法と現代」 2011年秋季号 112~117頁

[PR]
by itohasimoto | 2011-11-01 22:39 | 討議資料